DVD 実践マガジン vol.30 グランドストローク ステップアップ講座 3rd STEP

藤野俊幸のテニス楽
実践マガジン vol.30


グランドストローク
ステップアップ講座3rd STEP
サードステップ

トルネードスピンを
手に入れろ

打点がより後ろでも!より遠くでも!
強打でコントロールする!


第 1章 STEP1.2の確認
第 2章 ボールのどこを叩いたらいいのか
第 3章 どこに向かって振ればいいのか
第 4章 トルネードスピン
第 5章 打球デモンストレーション①どこを叩くか
第 6章 打球デモンストレーション②どこに向かって振るか
第 7章 ワイパースイングからドアノブスイングへ
第 8章 打球デモンストレーションとエンディング



今回は

今時のグランドストロークを手に入れる

ず~っと

藤野が考えていたことで

トッププレーヤーのビデオを

何回も見て

実際

レッスンで試して

効果が上がった

グランドストローク実践編

ステップアップ講座

トルネードスピン(藤野が勝手につけた名前です)です

今までの

ワイパースイングから

ドアノブスイングに

そして

トップスピンから

トルネードスピンへ

難しい事は何一つありません

自然な流れで

一つ一つ実践していけば

あら簡単!!(^0^)

先入観を持たずに

素直な気持ちで

見て、やってください

打点が後ろでも

相手に差し込まれても

アプローチショットなどで

ボールに入りすぎちゃっても

何とかなるし

しっかり打てます(^0^)/

遠くのボールもしっかり打てます

是非!!

一つ一つ

確実にまねして

いつものように

ラケットとボールを用意して

画面の前で

リハーサルして

テニスコートで試してくださいね



…と、言うことで

グランドストローク ステップアップ講座

3rd STEP

必見です(^0^)

('-^*)ok

サンプル動画はこちらで
http://www.youtube.com/watch?v=g-rwYudc85w&feature=player_embedded

vol.30の感想が届いています

いつもテニス楽、心待ちにしております。
今回のストロークのスピン編大変参考になりました。
いままでリターンやストロークなどで相手のボールの勢いに負けて、サイドアウトすることが多かったのですが、この打ち方はサイドアウトやバックアウトの危険性が少なく、なおかつ力一杯打っても、唸りながら打っても、苦し紛れに打ってもコートの中にボールが入ってくれる魔法のような打ち方ですね。
一流選手がやっているあのバギーウイップもなるほどこう打つからパワーが出るのかと理解できまし、実際打って見ると力強いボールが打てるようになりました。感謝感謝!

仙台市 Mさん

届いて早速みました。2回続けて(笑)
私は得意なバックハンド(両手打ちです)に比べてフォアハンドに苦手意識があるのですがデュースサイドのワイド、ショートクロスに打たれて、コートから追い出されたときは、前衛の真後ろにポール回し的に打つんです。なぜかそれだけは結構上手くできました。
それを見ていたテニス仲間のMさん(♂)が、「フォア苦手って言ってるけど、それはいつも上手いじゃん。いつも近づきすぎ気味で窮屈な感じになってること割と多いけど、その打ち方してるときは、すごく気持ちよく振れてるよー。その打ち方で全部打てば?名づけて【巻 き巻きスピン】。」って言われたことがあったんです。
そのときは藤野コーチがおっしゃるように、球の真後ろじゃなくてもっと右側を触って打っていました。
Mさんに言われたときは
「この打ち方でストレートも上手く打てる?」
ってそのときはそう思ったし、なんだか非現実的な気がして…。
「ストレートでもその打ち方で十分打てるじゃん。フォロースルーそっちにもってけば。」
言ってくれましたが、トップスピンの打ち方でそんなうち方聞いたことがなくてなんだか抵抗がありました。
結局、それから数ヶ月過ぎ…。
今回のDVDを見て驚きました(笑)
「え?!いいんだ!」って画面の前でいきなり叫んで旦那にびっくりされました(^^ゞ
vol28のコクらない、vol.29のテ ーマの厚く叩く打ち方はココ最近、頑張って実践していたんですが(のつもり)
それに加えて、球の後ろじゃなく右側を捉えてもいいって藤野コーチからお許しをもらえた気がして、さらに俄然やる気に(笑)
(Mさんに言われたときは抵抗あったくせに…^^;;;)
「ストレートにしか飛ばないんじゃ?なんて思わないで。気持ちを向ければ飛びます。」(←ちょっと端折ってますが)
の言葉にも実際『ストレートはどうよ?』と思っていた私はドキっとしながらも、勇気が(^O^)
実際問題なくちゃんと打てました(*^_^*)
「ワイパーじゃなく、ドアノブスピン」の言葉も私にはどんぴしゃハマりました。
高い打点で打つときや
打点が近くなってしまったときの場合も(これは以前説明されていたバギーホイップショットですよね。)
説明されていてさらに「これ以上高い球なら、スライスで打てばいいんだし。」の言葉も加わってどんどん目の前の霧が晴れていったような気分でした♪

今まで打点の高い球は、球の内側をワイパーで打ってましたけど
私にはちょっと辛かったりしました。
(球が上手く飛んでいかなくてよく前衛に叩かれました)

昨日テニスだったので、早速これらを試してみましたが、
「なんかすごくいい球打つねー。」って言ってもらえました(^.^)
まだまだ練習しないといけないですが、これは私には絶対向いてるって思いました。

試合でも、ちゃんと打てるように練習したいと思います。
試合になるといつもフォアのストロークは自信なくて、得 意なスライス多用してますけど、
両方とも上手く使い分けられたらいいなあと思っています。

もっと何度も見直して、理解を深めるつもりでいます。
ありがとうございました



名古屋のMさん

藤野俊幸のテニス楽ホームページはこちら
http://tennisgaku.web.fc2.com/

3,674円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません